お問合せはお気軽に 電話:042-968-7118
西武新宿線新狭山駅より徒歩0分

〒350-1331 埼玉県狭山市新狭山3-12-1

診療案内|新狭山駅デンタルクリニック

診療案内

新狭山駅の新狭山駅デンタルクリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
セカンドオピニオン受け付けています。
こうづ歯科クリニック あおいデンタルクリニック 上尾ファミリー歯科
MOBILE SITE

新狭山駅デンタルクリニックの診療科目紹介

当クリニックの診療科目をご紹介します。幅広い症例に対応でしていますので、お口のことで何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

一般歯科

一般歯科ではおもに虫歯治療を行います。虫歯は、お口の中のプラークに棲む細菌の出す酸により歯が溶け、次第に穴があき、歯が冒されていく病気です。放っておいても治癒することなく徐々に進行していきます。最終的には抜歯せざるをえない場合もありますので、早めの受診をおすすめします。

一般歯科について詳しくはこちら

小児歯科

お子さんの歯は大切。「乳歯はどうせ永久歯に生え替わるから」といって乳歯の虫歯を放っておいてはいけません。乳歯の虫歯は、生えてくる永久歯や顎の骨の成長に悪影響を及ぼすのです。また乳歯はやわらかく虫歯になりやすいうえ、進行も速い歯ですから、親御さんがしっかり見てあげることが大切です。

小児歯科について詳しくはこちら

歯周病治療

今世界中で「8020運動」という運動がすすめられています。「8020運動」は、80歳になっても20本の歯を残そうという運動です。しかし、実際日本では、80歳以上の方の平均的な残存歯は4~5本しかありません。そして、歯を失う原因として最も多いのは歯周病です。初期段階では自覚症状がなく、気付いた時には手遅れになることもある怖い病気のため、早めの対処が必要です。

歯周病について詳しくはこちら

予防歯科・メインテナンス

一般的に歯医者さんは「歯が痛くなってから行くところ」だと思われています。ですが、歯が痛みだしてから、虫歯になってから歯医者さんに行くのでは遅いのです。なぜなら、虫歯の初期段階には痛みはなく、"歯が痛い=症状がかなり進行している"ということになるためです。
健康な口腔内を維持するためには、歯の病気を予防すること。歯が痛くなくても歯医者さんに通って利用して、永く自分の歯を使い続けましょう。

予防歯科について詳しくはこちら

審美歯科

歯が欠けている、すきっ歯、銀歯が目立つ……など自分の歯に自信がなく、コンプレックスをお持ちではありませんか? 審美歯科ではそのようなお悩みのほとんどを解決することができます。
審美歯科では「セラミック」などを使った治療を行い、美しい歯を実現します。ですが、ただ見た目を美しくするだけではありません。審美性を重視しながら機能性もきちんと改善します。

審美歯科について詳しくはこちら

ホワイトニング

加齢や遺伝で黄ばんでいる歯は、いくらブラッシングしても白くはなりません。当クリニックでは、歯本来の白さを取り戻す「ホワイトニング」という歯の漂白を行っています。従来のように歯を削ることなく、安全に白い歯を手に入れることができます。

ホワイトニングについて詳しくはこちら

インプラント治療

「第二の永久歯」と呼ばれるインプラントは、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋入し、その上部にセラミック製の人工歯を取り付けて歯の機能を回復する治療です。本物の歯と同程度の"美しい見た目"と"快適な噛み心地"を回復できる治療として、広く知られています。

インプラントについて詳しくはこちら

入れ歯

入れ歯は、失った歯を補うために用いるポピュラーな方法です。保険適用のものを選択した場合は、比較的安く、短期間でつくることができます。ただ保険で使える素材は限られているため、快適さに欠ける場合も多いのが現状。しかし最近では、さまざまなタイプの入れ歯が登場し、自費診療においては見た目にも機能にも優れた快適な入れ歯を作製できます。

入れ歯について詳しくはこちら

口腔外科

顎関節症、親知らず(埋伏智歯)、子供の唇にできる粘液嚢胞などの治療を積極的に行っております。
また、歯をできるだけ抜かずに残すために、根っこの治療だけでは治らないような歯根嚢胞(根の先にできた膿の袋)を外科的に除去したり、奥歯の2~3本ある根っこの内悪いものだけを除去し、健康なものだけを保存することも出来ます。

PAGE TOP