新狭山駅デンタルクリニック

診療案内|埼玉県狭山市の歯医者・歯科| 新狭山駅デンタルクリニック

ご予約・お問い合わせ 0066-9760-536466

〒350-1331 埼玉県狭山市新狭山3-12-1

診療案内

一般的な歯科診療

甘いものを長い時間かけてだらだらと食べていたり、唾液がお口の中を満たす時間が取れなかったりすると、虫歯が進行していきます。虫歯は痛み始めたら自然に治ることはないため、できるだけ早めに治療を受けるようにしましょう。 虫歯の痛みが出るのは、象牙質まで虫歯になってからです。象牙質まで虫歯になっているということは、歯の表面の硬いエナメル質が溶かされているということです。そのまま放置していれば、神経にまで虫歯が達するのは時間の問題です。 虫歯が神経に達すると、神経を除去し消毒する、根管治療という治療を行う必要があります。歯の神経を抜いてしまうと、歯は次第にもろくなっていくため、定期的に検診を受け、早期に治療をすることが大切です。 当院では、保険適用の虫歯治療の他に、自由診療にて、より見た目に配慮した詰め物や被せ物を取り扱っています。これらには見た目の他にもメリットがあるため、ご興味がある方は「審美治療」のページをご覧ください。

小児歯科

乳歯は時期が来れば永久歯に生え替わりますが、だからといってケアをおろそかにしてはいけません。乳歯であっても重度の虫歯となると、永久歯にダメージを与えることがありますし、虫歯になることで、噛み合わせが弱くなり、顎の成長に影響を与えることもあるからです。 当院では、お子さまの歯を虫歯から守るために、フッ素塗布とシーラントという二つの処置を行っています。 フッ素塗布は、歯質強化や再石灰化などの働きを持つフッ素を、歯に塗る処置です。再石灰化とは、溶け出した歯のミネラルを修復するという作用です。繰り返し受けることで、虫歯になりにくい歯になっていきます。 シーラントは、虫歯になりやすい奥歯の溝をふさいで、物理的に虫歯になりにくくする処置です。シーラントは歯科用プラスチックで、金属は使用していないため、金属アレルギーの方でもお使いいただけます。 乳歯が虫歯になると、生え替わりが遅れて永久歯の歯列の乱れを招くこともあります。健やかな顎の成長のために、乳歯のときからしっかりとしたケアを行いましょう。

歯周病治療

歯垢や歯石がたまったままにしていると、歯ぐきが細菌に感染し、炎症を起こします。これが歯周病の始まりです。進行すると歯周組織が溶かされていき、最終的には歯を支える骨も溶かされ、抜歯が必要となってしまいます。歯周病を早期発見するためにも、定期検診を受けるようにしましょう。 歯周病の基本治療は、歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)です。歯石除去後に再び検査を行い、改善が見られなければ、フラップ手術などの外科的処置を行います。フラップ手術は、歯肉を切り開いて歯石や溶かされた歯周組織などを取り除く治療方法です。汚れを目で見て確認できるため、取り残しの可能性も低く抑えることができます。 歯周病の治療を終えたら、歯ぐきの状態を保つためにも、予防に取り組みましょう。日々の歯磨きやフロスでのケアとともに、定期的にメインテナンスにお越しください。メインテナンスでは、ブラッシング指導や歯の清掃、研磨、洗浄などをし、汚れを落とします。

予防歯科・メインテナンス

永久歯は、一度抜いてしまうと二度と生えてくることはありません。一本の歯をできるだけ長く保つには、虫歯などで歯を削らないようにすること、歯ぐきを健康に保つことが大事です。そしてそのためには、日頃から汚れをためないようにケアし、節度ある食生活を送り、定期的に歯科を受診することが大切です。 歯を抜く多くの原因は、虫歯と歯周病です。その中でも特に歯周病は要注意です。なぜなら、歯周病はある程度進行するまで自覚症状がなく、気づかないことが多いためです。重度となると、抜歯の可能性も高くなるため、気づいた頃には抜歯が必要となっていたという状況も珍しくありません。毎日のブラッシングにしっかり取り組み、定期検診を受けることで、抜歯のリスクを軽減しましょう。

審美治療

歯の詰め物・被せ物は、ただ歯の機能を修復できれば良いものでしょうか?歯はお顔の一部であり、その人の印象に影響を与えます。銀歯はリーズナブルですが、お口の中で目立ちます。新たに虫歯治療を考えている方は、より目立たない被せ物を検討してみてはいかがでしょうか。 当院では、見た目が自然な白い詰め物・被せ物を取り扱っています。これらはセラミックでできており、天然の歯のような見た目をしています。銀歯が目立つことにお悩みの方におすすめです。 セラミックの詰め物・被せ物のメリットは、見た目だけではありません。これらは金属を使っていないため、金属アレルギーがある方にも適用ができます。また、歯としっかりと接着させるため、隙間ができにくく、内部で虫歯が再発しにくい素材です。 当院では、これらの素材をリーズナブルな価格で取り揃えています。少しでも多くの方に、機能的・審美的にメリットのある自由診療の素材をお使いいただければと思います。

ホワイトニング

歯の着色汚れを落とすには、ホワイトニングがおすすめです。ホワイトニングには、いくつか方式があり、当院では、患者さまにご自宅で行っていただくホームホワイトニングを採用しています。 当院で取り扱っているホームホワイトニングは、「Niteホワイト」です。Niteホワイトはアメリカで生まれたホワイトニングシステムです。患者さまのお口に合ったマウストレーを作製し、そこに薬剤を入れ、1日2時間装着していただきます。続けていくと2週間ほどで、変化が現れます。 ホワイトニングをご希望の患者さまには、しっかりと使い方のご説明などを行いサポートします。まずは、どのような白さをご希望か、お気軽にご相談ください。

インプラント治療

抜歯処置をした後は、その歯を補う治療が必要です。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工歯冠を装着する方法です。治療が終わるまでに数か月を要しますが、安定性と自然な見た目、周りの歯を傷つけないことが魅力です。 インプラント治療に必要なのは、治療期間だけではありません。インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込む治療のため、顎の骨に厚みや高さが必要です。歯周病や歯のない時期が長かったことで骨が吸収してしまっている場合は、これを再生する骨再生療法を手術と並行して行います。骨再生療法には、ソケットリフトとGBRの二通りがあります。 ソケットリフトは、上顎の骨の厚みが薄い場合に行います。方法としては、人工歯根を埋入する位置に穴を開け、上顎洞の底辺を押し上げます。そうしてできたスペースに骨移植材を注入し、骨を再生させ、インプラントを埋入します。 GBRは顎の骨の幅が足りない場合に行う骨再生療法です。歯肉をめくり、メンブレンという人工膜を入れ、歯ぐきが骨の再生を阻害しないように防ぎます。そのようにして骨の再生を待ち、インプラント治療を行います。 このように、当院では、顎の骨の量が足りない症例であっても極力治療に対応しています。インプラント治療が受けられるか不安な方も、まずはご相談ください。

入れ歯

歯が抜けたまま、放置してはいませんか?「1、2本の歯なら、なくなっても他の歯で噛めるから」といってそのままにしていると、空いたスペースに歯が倒れ込み、噛み合わせが崩れる恐れがあります。歯を失ったら、入れ歯で補うようにしましょう。 入れ歯には一本~数本の歯を補う「部分入れ歯」と、全ての歯を補う「総入れ歯」があります。また、保険診療と自由診療の入れ歯があり、作製方法や使用する素材により、その特性が異なります。当院では、どの種類の入れ歯を作る場合でも、患者さまのお口に合った入れ歯作製ができるよう、しっかりと型を採り、丁寧に調整を重ねるようにしています。 すでにお持ちの入れ歯が合わずにお悩みの方も、ご相談いただければと思います。まずは調整をし、様子を見て、再作製が必要の場合は、そのようにご提案させていただきます。

歯科口腔外科

口腔、顎、顔面などに現れる疾患は歯科口腔外科の診療範囲となります。具体的な症状としては、なかなか治らない口内炎や顎の関節の不調、親知らずの痛みなどでお悩みの方が当てはまります。 上記の他にも、当院では歯根嚢胞(しこんのうほう)の治療にも対応しています。これは虫歯が進行し、神経に達した物を放置した結果起きる、腫れ物です。歯根が腫れたこの状態を放置すると、歯根が膿によって溶けたり、歯がぐらついたりすることがあります。この治療方法には、歯の神経を除去する根管治療や虫歯・歯周病以外の症状でも、お口の中のことは幅広く診療していますので、お困りの方は一度ご相談ください。